タグを表示

小児救急でんわ相談の番号は #8000 と覚えておこう

子供が休日や夜間に急に高熱を出したり嘔吐やけいれんなどがあるとき、どう対処したら良いのか、医療機関を受診すべきかどうかに迷ったら電話しましょう。

@kasumiiです。こんにちは。

先日、小児救急でんわ相談の短縮ダイヤル「#8000」の広報キャラクターとしてアンパンマンが協力することになったというニュースがありました。

【参考】小児救急ダイヤル、アンパンマンがPR ♯8000:朝日新聞デジタル

夜間や休日に子供が急に病気になって困ったときに相談できるのがこの「小児救急でんわ相談」ですが、まだまだ認知度が低いのだそうです。

内閣府の調査では20~40代の子育て世代の女性の認知度は約25%にとどまっている

とありましたが、お恥ずかしながらわたしも今までこの番号の存在を知りませんでした……。幸いにもうちの9歳児はあまり風邪もひかず、緊急の事態になることがなかったので助かりましたが、いざというときのためにもこういう連絡先は知っておいたほうが良いですね。

番号は、#(シャープ)を押してから数字の8000を押します。ちなみに携帯電話からでも同様の番号でOK!

小児救急電話相談を実施している時間帯は各都道府県によって違うので、以下のページで自分の住んでいるところの対応状況を調べておくと良さそうです。

小児救急電話相談事業(#8000)について |厚生労働省

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ