タグを表示

クラウド青色申告するためにfreee(フリー)とマネーフォワードの機能をざっくり比較してみた

最近クラウド会計サービスが注目を集めていますが、freeeとマネーフォワードのどちらを使おうか悩んでいるのでいろいろ調べてみました。

先日、9回目の青色申告を終えた@kasumiiです。こんにちは。

前年度の申告を終えたこの時期って「これからは毎月しっかり帳簿付けるぞ!」と毎年意気込むんですが、結局ためこんでしまうんですよね……(;´д`)

今年こそは!!というわけで、少しでもラクに青色申告できるようにクラウド会計を検討しています。今回は、候補として考えている「freee」と「マネーフォワード(MFクラウド確定申告)」の機能について調べてみました。

以下は、2014年3月3日現在の情報です。両サービスともに進化が早いので、現状の機能については必ず公式サイトを確認してください。

freeeの無料版は3ヶ月しかデータ保存ができず、マネーフォワードの無料版は仕訳登録数が月間15件までという制限があるので、今回は両者ともに有料プランを使用することを想定して比較しています。

  freee マネーフォワード(MFクラウド確定申告)
プラン・会員種別 個人事業主プラン プレミアム会員
料金 月額 980円 月額 800円
ユーザ共有 1名につき月額300円 3名まで無料(4名以降は1名につき月額300円)
金融機関データ自動取得
他会計ソフトからの
インポート・エクスポート
見積書・請求書発行
青色申告決算書の作成
確定申告書Bの作成
e-Tax対応
メールサポート
チャットサポート ×

うーむ。現段階では両者とも主要な機能はそろっているし、そんなに大きな違いはないようですね。

いくら記帳が自動で簡単!とは言っても、まったく知識がないとさすがにチンプンカンプンなので、青色申告に不慣れな人にはfreeeのチャットサポートや解説本があるのは魅力的だと思います。

この2点を考えると、とっつきやすさではfreeeが一歩リードな印象でしょうか。

【解説本】世界一ラクにできる確定申告 ~全自動クラウド会計ソフト「freee」で仕訳なし・入力ストレス最小限!

世界一ラクにできる確定申告 ~全自動クラウド会計ソフト「freee」で仕訳なし・入力ストレス最小限!

ちなみに、フリーランスなりたてで申告とか節税とかよくわからない……という人は、以下の本がおすすめ。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

通常料金だと若干マネーフォワードのほうが安いですが、Amazonでプロダクトキーを購入すると以下のような計算になり、初年度はfreeeのほうが安くなりそう。

ただしfreeeは新規登録無料期間3ヶ月を含んでいるので、翌年度以降は月額875円(10,500円/12ヶ月)となりそうです。

  freee (フリー) マネーフォワード For BUSINESS
通常料金 月額 980円 月額 800円
割引後の料金 月額 700円
(10,500円/15ヶ月)


青色申告ソフト freee(フリー)
個人事業主向け

全自動 青色申告ソフト freee(フリー) 個人事業主向け[一般/不動産] Mac(マック)・Windows・新消費税に対応

月額 733円
(8,800円/12ヶ月)


マネーフォワード
個人事業主向けプレミアム版

マネーフォワード 確定申告(青色申告・白色申告) 個人事業主向けプレミアム版 Win/Mac対応 e-Tax対応 新消費税対応 全自動 クラウド型会計ソフト

どちらも公式アプリがありますが、まだiPhoneアプリから全機能が使えるわけではありません。現状ではfreeeのほうがiPhoneからできることは多いですね。

freee(フリー)
現金の収支登録、売掛・買掛の管理、当月の収支をすぐに確認できる。

全自動のクラウド会計ソフトfreee(フリー)
カテゴリ: ファイナンス
価格: 無料

マネーフォワードforBiz
マネーフォワード For BUSINESSと連携した、領収書・レシート読込専用アプリ。iPhoneのカメラでレシートを読み込みできます。

マネーフォワードforBiz
カテゴリ: ファイナンス
価格: 無料

サードパーティー製のiPhoneアプリから入力しておき、あとでデータをインポートするという方法もありそうです。

Taxnote 会計 青色申告の爆速仕訳帳
カテゴリ: ファイナンス
価格: 無料

Taxnoteは経費入力に特化したiPhoneアプリ。アプリ内課金でアップグレードすると、弥生会計、やよいの青色申告、Freee、マネーフォワードなどの会計ソフトに対応した形式でエクスポート可能になります。

なんとなくfreee推しになってしまいましたが、どちらも無料プランで使い心地を試せるので、両方しばらく使ってみてからどちらにするか決めようと思います。

freeeもマネーフォワードもこれからどんどん機能追加されたり、使い勝手も改善されていくはずなので期待したいところですね!あとは弥生の青色申告オンライン版ももうすぐ来そうなので、リリースされたらまた迷いそうですが。。。

どちらにしても、普段Macを使っていて帳簿をつけるためだけにWindowsを立ちあげることはなくなりそうなので、それだけでもありがたいです……!(´;ω;`)ブワッ

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ