タグを表示

ENEOSでんきの料金シミュレーターで電気代がどのくらい安くなるのか調べてみた

東京電力からENEOSでんきに変更した場合、電気料金がいくらおトクになるのか試算できるサイトを使ってみました。

@kasumiiです。こんにちは。

電力自由化ということで、東京電力から他の電力会社に乗り換えた場合に電気料金がどのくらい安くなるのか、各社が出している料金シミュレーターで調べています。

ちなみに東京ガスの電力に変えた場合の結果は以下の記事に書きました。

【関連記事】東京ガスの電気料金がいくら安くなるのかシミュレーションしてみた

今回やってみたのは、ENEOSでんきの料金シミュレーターです。

ENEOSでんきの供給エリアは、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)です。(2016年4月時点)

2年間ENEOSでんきを継続して使用する「にねんとく2割」を使えば電気料金が割引になったり、電気料金の支払いでTポイントが貯まったりするのが特徴ですね。

ENEOSでんき|JXエネルギー

それでは、料金シミュレーションスタート!

料金シミュレーター|ENEOSでんき|JXエネルギー

まずは住居タイプ(一戸建てまたは集合住宅)と郵便番号を入力します。

続いて、現在契約している料金メニュー(従量電灯Bまたは従量電灯C)と契約アンペア数を入力し、電気ご使用量のお知らせに書いてある電気使用量が何kWhかを入れれば年間最大どのくらい電気料金がおトクになるのか表示されます。

我が家の場合はこんな結果が出ました!

ENEOSでんきの料金シミュレーターは、電気使用量の入力欄が1ヶ月分しかないので、東京ガスのシミュレーターのように12ヶ月分を入力して細かな結果を出してくれるわけではないようです。

うちの場合はこのシミュレーターで、年間3000〜12000円おトクになるという結果が出たので、ざっくりとした数値ではありますが現在よりも安くなりそうな感じ!

2016年3月31日までに事前予約すれば初月2000円割引になる「今だけ早割!」キャンペーンもやっているので、電力自由化がはじまる前にどこと契約するかいろいろ検討して決めようと思います!

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ