タグを表示

Amazonの中古本買い取りサービスに申し込んで集荷に出してみた

中古本買取をAmazonがはじめたのでいらなくなった本を売りに出してみました。Webで買取予定額があらかじめわかるのは便利!

@kasumiiです。こんにちは。

2015年6月3日から、Amazonで中古本の買い取りサービスがはじまったので早速申し込んでみましたよー。

1冊から申し込めて、Webから売値も確認できて、無料で家まで集荷に来てくれるんだからAmazonさんさすがです!

いままでもゲームソフトやDVDを対象とした買い取りサービスはやっていたようですが、そこに中古本も対象として加わったようです。

Amazon.co.jp:Amazon買取サービス

Amazonのサイトで買取価格を検索できるようになっているので、ISBNやJANコード、本のタイトルなどを入力して検索してみましょう。

実際にやってみるとわかりますが、売れない本もたくさんあります。古い本や人気のない本、在庫状況などによって判断されているのでしょうね。

ちなみにわたしが売りたいなと思って検索してみた本10冊のうち、売れそうなのは3冊で、買い取り価格の合計は2100円と出ていました。

このうちの1冊を駿河屋の買取検索で調べてみたら、Amazonの買取予定額が800円だった本が駿河屋で350円と出ました。(あとの2冊はメールでのお見積りと出ていたので金額は不明です。)

実際の買取金額は実物を査定してもらうまでわかりませんが、少しでも高く売りたいかたはネット上の買取金額を比較してみたほうがいいかもしれませんね。

振込に関するちょっとした注意点。

わたしはてっきり初回からAmazonギフト券で支払われるものと思っていたんですが、申し込み時に銀行振込の口座を入力する必要がありました。どうやらこれは古物営業法上の本人確認手続きとして必要になるもので、初回は銀行振込、次回からはAmazonギフト券のみでの支払いになるようです。

Amazonの本買い取りサービスは、なんらかの理由で買い取りできない場合でも配送料無料で返送してくれる素晴らしいサービスですが、「返送不要」という選択も可能になっていました。その場合は予定されていた買い取り金額よりも低い金額で買い取られる場合があるようです。とりあえず安くても引き取って欲しい場合にありがたいですね。

Amazonのサイトから申し込みをすると、「買取申込書」を印刷できるようになります。これをプリントアウトしたものに署名をしておく必要があるので忘れずに。

また、運転免許証や健康保険証などの身分証明書のコピーも必要です。(このへんはWebからアップロードできるようになっていればもっと簡単なのになー。)

・買取申込書に署名したもの
・身分証明書のコピー
・売却予定の本

あとは上記をダンボール箱などに同梱して、しっかり封をし、集荷に来てくれた佐川急便の人に渡すだけ。着払い伝票のお客様控えをもらえば完了です。

あらかじめ買取予定金額がわかることと、無料集荷が時間指定できて早いこと、あとはいつもお世話になっているAmazonさんなので安心できそうなところがとても良いですね!

買取状況はAmazonの管理画面からいつでもチェックできるので、どのくらいで支払いが確定するのか眺めていようと思いますw

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ