タグを表示

[Mac] ターミナルから Sublime Text 2 を開く subl コマンドを設定してみた(ついでにST2→ターミナルも)

カレントディレクトリをST2で開いたり、プロジェクトフォルダをターミナルで開いたり。お互いの行き来がしやすいようにしてみました。

@kasumiiです。こんにちは。

Sublime Text 2 とターミナル.app の行き来をもっと簡単にしたくて、ターミナルから「subl」コマンドで開けるように設定したのでメモメモ。

以下の公式ドキュメントにしっかり書いてあるんですが、ちょこっと補足しつつ。

OS X Command Line – Sublime Text 2 Documentation

「subl」を使えるようにするには、ターミナルで以下のコマンドを入力してシンボリックリンクを作成します。ほんのちょっとだけ公式ドキュメントと違うパスでやってみました。

sudo ln -s "/Applications/Sublime Text 2.app/Contents/SharedSupport/bin/subl" /usr/bin/subl

subl というコマンドが長いなーと思う場合は、もっと短くしてもいいかも。

subl -h

でヘルプが表示されればめでたしめでたし。

subl .

で、ターミナルからカレントディレクトリをさっと Sublime Text 2 で開けるようになります。

ターミナルからST2へ行きやすくなったので、今度はその逆、ST2からターミナルを開くパッケージを入れてみました。

Sublime Terminal – a Sublime Text 2 Package by wbond

このパッケージを作ったのは、SFTPパッケージの作者さんですね。先日SFTPも使えるようにしたところで、立て続けにお世話になってます。ありがたや。

【参考】Sublime Text 2 の SFTP パッケージでファイルの自動アップロード&モニタリング機能を試してみた | memobits

パッケージコントロールで「Terminal」を検索してインストール。

すると、サイドバーからフォルダを右クリックして「Open Terminal Here」でターミナルが開くようになります。

ショートカットで開く場合は以下のとおりです。

Open Terminal at File
Press ctrl+shift+t on Windows and Linux, or cmd+shift+t on OS X

Open Terminal at Project Folder
Press ctrl+alt+shift+t on Windows and Linux, or cmd+alt+shift+t on OS X

公式ドキュメントの同じページに説明があったので、ついでにターミナルから開くエディタをSublime Text 2にしてみます。GitのコミットメッセージなどもST2で入力したい人に。

export EDITOR='subl -w'

/Users/hoge/.bash_profile

たとえばhogeさんなら、ユーザのルートディレクトリにある.bash_profileに1行追加すればOKです。

これでターミナルと Sublime Text 2 で行ったり来たりしやすくなりました!(∩´∀`)∩ワーイ

【2014年3月20日発売】
Web制作者のためのSublime Textの教科書 今すぐ最高のエディタを使いこなすプロのノウハウ

Web制作者のためのSublime Textの教科書 今すぐ最高のエディタを使いこなすプロのノウハウ

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ