タグを表示

Mac OS X Mountain Lionでアプリ起動時に「開発元が未確認のため開けません」エラーが出るときは

App Store以外のサイトからダウンロードしてきたアプリをインストールしようとすると山ライオンさんに怒られることがあるので、そんなときに。

@kasumiiです。こんにちは。

Mac OSを山ライオンにアップデートしてからセキュリティが厳しくなったみたいで、新しいアプリをインストールしようとすると「開発元が未確認のため開けません」と怒られることがたびたびあります。

Gatekeeperという、開発元がわからない変なアプリをインストールしないように見張ってくれる機能が働いているようです。

Mac OS X 10.8 から導入された Gatekeeper 機能により、実行ファイルの開発元が確認されるようになりました。この際、Apple 社の Developer ID による署名の有無がチェックされます。

【参考】アプリケーションの起動またはインストールを行うと「開発元が未確認のため開けません」エラーが表示される(Mac OS X 10.8)

【参考】OS X:Gatekeeper について

「開発元が未確認のため開けません」というエラーが表示されてもアプリをインストールして起動したい場合は、以下の2通りの方法で。

このアプリは大丈夫だから今後も使いたいんだー!ってときは、Controlキーを押しながらクリックして「開く」を選択します。

(アプリ名)の開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?と聞かれるので「開く」!

これでアプリを実行できるようになりました。

ダウンロードしたアプリは全部チェックなしで開きたい、という場合はこの方法で可能ですが、せっかくMountain Lionから導入されたセキュリティチェックをOFFにするのもよろしくない感じなので、一時的に緩めて、また元に戻しておくのが良さそうです。

「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」の一般タブから設定します。

「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」という部分がグレーアウトしていて選択できない場合は、まず左下の鍵マークをクリックしてパスワード入力する必要があります。

マシンの管理者権限ユーザの名前とパスワードを入力。

設定変更できるようになったら、「すべてのアプリケーションを許可」を選択。

これで開発元が不明なアプリケーションを開いてインストールすることができるようになります。

すべてのアプリケーションを許可するのはセキュリティ的によろしくないので、終わったら元に戻しておくのがおすすめです。というか、これをいちいちやるのは面倒なので、方法その1でやるのが良さそうですよ。

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ